例えば,A事業場において8時間の勤務をした後,B事業場で4時間の仕事をしたような場合,通算すると1日に12時間の労働をしたことになります。このような場合,B事業場での労働は,開始当初から労働基準法における1日8時間の制限を超えてしまっていることになります ...